C#/VB.net

C# ListViewにDatatableをセットする

保守しているシステムにデータグリッドビューではなくリストビューが使われていることがあります。

ただ、SQLで取得したDatatableをセットする方法がデータグリッドビューとは全く異なります

Datatableをデータグリッドビューにセットする方法は意外と簡単ですが、

それに慣れていると少し面食らってしまうので、

データグリッドビューと比較しつつ備忘録として残しておこうと思います。

※因みにDatatableをデータグリッドビューにセットする方法これだけです。

dataGridView.DataSource = Datatable;

ListViewにDatatableをセットするソース

C#のサンプルです。

 

VBA C# オススメ参考書プログラミングの参考書でオススメの紹介をしていきます。 それぞれ私が使っている言語のみです。 VBAのオススメ参考書をExc...

VBは以下のようにセットできます。

リストビューの補足説明

リストビューとデータグリッドビューとの違いは、ItemsSubItemsがあるところですね。

1レコード目はItemsに対して値をセットし、

2レコード名以降はSubItemsに値をセットしていく処理になります。

データグリッドビューのようにDataSourceをセットして終わりではありません。

データグリッドビュー(DatagridView)とリストビュー(ListView)の違いは?

 

そもそもの話なのですが、

「データグリッドビューとリストビューを使い分ける必要があるの?」

と思われる方も多いと多いかと思います。

機能的な違いは、処理の軽さにあります。

一般的にはDataGridよりもListViewの方が軽量

とされていて、メモリの消費量がListViewの方が軽いようです。

確かに私の保守していたアプリケーションでも表示するレコード数が

業務によっては数千件になることがあり得るのでリストビューが使われていることにも納得です。

 

関連している記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です