previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Shadow
Slider
一人暮らし

羽根つき餃子が簡単にできる(冷食)

一人暮らしだと、餃子を作ったり、袋で買って食べることってありますよね。

私も自分で挽肉と皮を買って作ったり、王将で冷凍を買ったりしていました。

ただ、こだわりだすと上手くいかないのが、餃子の羽根です…

簡単にできるのがこちらです!

羽根つき餃子の作り方

用意するものは、

・味の素餃子
・フライパン

以上です!

調理は以下の順です。

1.餃子だけをフライパンに並べる
※水、油も不要です。
2.中火でフタをして5分焼く(蒸し焼き)
3.フタを開けて、中火のまま2分ほど焼目を付ける
4.羽根ができたら、お皿にひっくり返して完成

王将チャーハンのレシピ 味を再現するヒミツはあれ 王将チャーハンって美味しいですよね! 私も王将で学生時代にアルバイトをしていた時は、 まかないでよく食べていました。...

1.餃子だけをフライパンに並べる

水も油全くなしで、フライパンに冷凍餃子を並べます。

2.中火でフタをして5分焼く(蒸し焼き)

蒸し焼きにするといっても、先ほども言いましたが水は不要です。

5分ほど焼くと、水分が餃子から出てきます。

そのおかげで蒸し焼き状態になります。

中火の説明もご丁寧に書かれていました。

中火は「フライパンの底に届く程度」だそうです。

3.フタを開けて、中火のまま2分ほど焼目を付ける

蒸し焼きにした後は、2分ほどフタを開けて焼きます。

フタを開けて焼くことで溶け始めた羽根の元が焼けて羽根が出来上がっていきます。

4.羽根ができたら、お皿にひっくり返して完成

 

完成した餃子の写真は私が作ったものなので、ちょっと…微妙?

ですが、羽根つきは上手くできています。

味の素餃子のスゴイところ

水なし、油なしでフライパンの火加減だけでできるのはすごいですよね。

その秘密は餃子の下側に油、水、片栗粉が凍った状態でついているからです。

言われてみれば、簡単な仕組みですが、ナイスアイディアですね!


ビジネスニュースで学び仕事とお金について考えるブログ。ラブリーラブリーより

まとめ

サッと作れるので、一人晩酌のお供にはかなり使えます。

また、コスパは良いほうかなと思います。

12個入 × 6袋 = \3,800をamazonで買っていますが、

1個当たり\52.7なので、手作りする手間を考えるととても楽です。

おつまみ レシピ キャベツの塩ダレ和え夜に缶ビールを開けて、少しつまみが欲しい。 ただ、作るのは面倒...というとき良くありますよね。 一人暮らしのアラサーなので...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です