previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Shadow
Slider
語学/海外旅行

英語のリーディング オススメサイト

英語の勉強をしているみなさんは、普段どんな媒体を使って勉強をされているでしょうか?


私自身も大学2年生から交換留学でアメリカに留学をしていましたが、

その前段階で語学力を付けたいと思い色々と良い勉強方法はないか模索していました。

特に無料でお金のかからない方法で勉強を探しました。
というのも、学生のころから英語の勉強を始めたこともあってとにかくお金を使いたくなかったからです。

今回は私がこれは良いと思って学生時代から勉強に使っていた媒体を紹介したいと思います。

私が気に入ってよく読んでいたのはこちらの3サイトです。

・読売新聞
・毎日新聞
・Daily Mail Online

読売新聞

皆さん知っている読売新聞ですが、

英語だけでなく多言語をの記事を読むことができます。

良い点

①すべての文章が翻訳されている

朝日新聞などでも英語記事はありますが、
すべての文章が日英語になっているわけではありません。

その点、読売新聞はすべての記事が翻訳されています。

②扱われているトピックが多い

これも朝日新聞などと比べるとですが

すべての記事が日英語で読むことができます。

その分トピックが限られることがなく、どの記事も読むことで

語彙力の幅が広く学習できます。

ターゲット層

留学を控えている方や高校3年くらい~大学生にオススメかと思います。

英字新聞を一人で読める自信はないけど、

リーディングの練習をしたい、語彙力を付けたいという方に良いと思います。

サイトはこちらです。
http://the-japan-news.com/

毎日新聞

こちらも知らない人はまずいない思いますが、
英語の記事が存在することはご存じだったでしょうか。

良い点

①英語学習用の記事がある

これはほかの無料サイトではないかと思います。

記事のレベルも学習用の難易度となっており、

読みやすい内容になっています。
※WEBには記事すべての日本語訳はありません。

2018/09/06現在では、月々¥998の有料で英語新聞を取り寄せる必要があります。

②重要な単語がリスト化されている

学習用というところもあってか、丁寧に単語の日本語訳が

記事の隣にリストとして出されています。

重要な単語だけが記事の隣にあるのは

読むときにもありがたいです。

全文の日本語訳があるとどうしても日本語訳を見てしまう方も

いらっしゃると思うので、良い練習になります。

記事のサンプル

ターゲット層

高校2年くらい~大学生レベルの方にオススメです。

文章のレベルもかなりしっかりしています。

また、英語教師の方にも良いのではと思います。

高校1年で大体の文法を学校で習い終わるはずです。

高校2年からこのレベルの文章を読んで習った文法が定着しているか

確認をしながら文章を読ませる学習の題材としてもオススメです。

サイトはこちらです。
http://https://mainichi.jp/m040000024

Daily Mail Online

こちらはイギリスのニュースサイトです。

なので、残念ながら日本語訳を見ることはできません。

良い点

①専門性が高い
毎日新聞のように学習用ではなく、そのままイギリスで書かれています。
なので、文章の難易度は高いです。

②扱われているトピックが多く、興味深い
スポーツ、女性、健康、科学、お金など記事のジャンルが多く、
専門性を高めたい分野の記事を選んで読むことができます。
また、健康や科学などは最新のデータが扱われており、
読んでいてとても面白いです。
最新の記事も多いので、dailymailで読んだ記事が3、4日後に
日本の記事になっていることも多くありました。
最新の情報を見ることができるのは海外記事ならではですね。

ターゲット層

帰国子女や語学が上級レベルの方で、語学力をキープしたい、
日常生活で英語を使う方などにオススメです。
翻訳はないので、学習用としては向いてはいません

サイトはこちらです。
http://www.dailymail.co.uk/ushome/index.html

まとめ

無料でもあってもさまざまなレベルの英文記事があり、

それぞれ年代や目的に応じて適したサイトがあります。

あなたの目的に合った記事を使って日々、英語に触れてもらえればと思います。

リスニングの勉強についてもおすすめを載せいているのでご覧下さい。

英語のリスニング オススメサイト バイリンガルニュース 今回はリスニングの勉強のために役立つ無料のサイトを紹介します。 その名は「バイリンガルニュース」です。 ...
関連している記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です