previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider
語学/海外旅行

TOEFLリーディング オススメ参考書

こんにちは。

KIOSK Tutorials blog
TOEFL Practice onlineより

 

今回は私が留学前にしていたTOEFLリーディングの勉強についてです。

大学時代にしていた勉強が参考になればと思います。

TOEFLとは

 

TOEFLは何なのか簡単に言うと、外国語として英語を使う人のためのテストです。

TOEICとTOEFLの違いはこちらが分かりやすいと思うので、読んでみてください。

TOEFL®テストとTOEIC® L&R TESTの違い

私が交換留学に必要だったのはTOEFL-ITPです。

TOEFL-ITPは677点満点で三つのセクションの点数の平均を×10をした結果が得点です。

TOEFLリーディングの勉強方法

 

TOEFLを受けたことがある人に話を聞くと、大抵の人がリーディングの時間が足りないと言っていました。

なので、私はできるだけたくさん文章を読んで速読ができるようにしようと思っていました。

私がテキストに使っていたのはTOEFL TEST対策iBTリーディングです。

この本を購入した理由は問題数が多いからです。

他の問題集は載っている問題数と文章量が少なめで、すぐに問題をやりつくしてしまいます。

そして、また別の問題集を買わなければならずお金がかかってしまいます。

ですがこの本はかなり本自体のページ数があり、確か600ページほどありました。(小さい辞書くらいの分厚さです)

なので、問題集をやりつくして、問題に困ることはないと思います。

また、問題集の前半は問題の文章も短めで、ページが先に進むにつれて文章が長くなり、レベルアップしていきます。

そのため、ステップアップしながら勉強ができました。

ページの後半部分になると実際のテストよりも長めの文章が用意されているので更に良い練習になりました。

一つだけ難点を挙げると、解答の日本語訳がおかしいときがあります。

どう見ても訳がおかしいのが分かるので気にしませんでしたが…

私はこの問題集の400ページほどしか問題を解いていませんが、リーディングでは62、3点取れるようになりました。

リーディングのセクションの満点は68点なので9割ほど得点できるようになったということです。

やはり言語は慣れが大きいと思いますが、リーディングも慣れることが初めのうちは大切なのではないかと思います。

ぜひ演習量を増やして高得点を狙って下さい。

・KIOSK Tutorials blog TOEFL Practice online
http://kioskxalapatutorials.wordpress.com/toefl-practice-online/・TOEICとTOEFLの違いからの戦略的攻略!!~トイックとトーフルは異母兄弟だった??~
http://study-share.net/toeic%E3%81%A8toefl%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84/
関連している記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です